さか耳鼻咽喉科耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科 院長 坂 哲郎大阪市旭区新森2丁目4番3号リモンシ21ビル1F 06-6957-1187
HOME医師紹介当院のご案内交通案内リンク集

めまいの症状でお困りの方

めまいでお困りの方

めまいといっても種々の症状があり、見ているものがぐるぐるまわる、頭の中がまわる、ふらつきがある、ふわふわした感じがするなどいろいろな表現を訴えられます。
原因も多岐にわたりますが、当院ではまず耳が原因のめまいかどうかを大まかに見極め、耳が原因のめまいについては治療に進み、耳以外が原因と考えられる場合は、各領域でのご専門の医療機関を紹介させていただくという方針で診療にあたっています。
当院でのめまい診療の流れをご紹介します。

めまい診療の流れ
1 いつからどのような症状がありますか
  めまい発症の時のことを覚えておられれば、そのときのことを詳しくお尋ねします。
この問診がめまい診療の中で最も重要と言われています。
1 注視眼振検査
  上下左右に動くボールペンの先をみつめてもらって、眼球の振動が生じるか否かを見ます。
1 指標追跡検査
  メジャーをひきだして、そこに出てくる数字を目で追っていただき、眼球運動が規則正しく行なえているか否かを確認します。
1 小脳の機能をチェック
  腕をひろげてとじてもらい、人差し指指先をきちんと付けることができるか否か、両手それぞれの握力はどうか左右差があるかどうか、また思い通りに動くかどうかをチェックします。
1 聴力検査
  聴力が保たれているか否か、左右差があるか否かを確認します。
  耳が原因の代表的めまい疾患であるメニエール病では、左右差が生じていることが多いです。
1 特殊なカメラ(赤外線CCDカメラ)を装着
  仰向けになった状態で左右に首を傾けたり、さらには首を後方にそらして左右に向いていただいて、眼球の振動が生じるか否かをみます。
  この時点で良性発作性頭位めまい症等は診断が確定します。
1 必要に応じて
  座っている時、立ち上がったときの血圧の変動を見るための検査(シェロングテスト)も行ないます。
  いわゆる立ちくらみがめまいの原因になっている場合(起立性調節障害)、この検査で診断がつきます。
1 耳が原因のめまいは考えにくく、頭の中に原因があるか否かということを確認するために
  近隣医療機関でMRI(MRA)検査をうけていただくこともあります。
  大体1週間以内には検査が終了し専門医によるコメントが得られます。

このような流れで検査を行ない、耳が原因であると診断がついたものに関しては当院で治療を行ないます。治療は内服薬が中心になりますが、漢方薬も用いることがあります。また良性発作性頭位めまい症の典型例では浮遊耳石置換法という理学療法も行なっており、この治療が奏効すると頭を動かす度にぐるぐるまわっていためまいが、1回の治療でおさまってしまうということもあります。

耳の症状でお困りの方へ
鼻の症状でお困りの方へ
のどの症状でお困りの方へ
めまいの症状でお困りの方へ
いびき無呼吸の症状でお困りの方へ
補聴器をご希望の方へ
診療時間
【休診】 木曜、日曜、祝祭日は全日休診、
土曜日は午後休診
 祝日のある週の木曜日は、
 午前・午後とも通常通り診察しています。
 (祝日が木曜日の場合は休診です)
電話による自動受付・順番確認
電話による自動受付
電話自動受付は午前診、午後診問わず午前8時にスタートします。
PAGE TOP
HOME医師紹介当院のご案内交通案内リンク集

Copyright (C) 2014 Saka ENT Clinic All Rights Reserved.